サイトマップ

現金化屋さんは悪質業者?換金率や口コミ、評判など徹底紹介!

この記事の所要時間: 631

「急にお金が必要になった」
「キャッシング審査にも落ちたし、貯金も無い」

そういうときに便利なのがクレジットカード現金化です。専門の業者に依頼することで、クレジットカードを持っていれば誰でも簡単に、審査なしで現金が手に入れられます。

この現金化を行う業者は多数あるのですが、最近開店したばかりの「現金化屋さん」は果たして優良業者なのでしょうか?それとも違うのでしょうか?

当記事では現金化屋さんの特徴や換金率、評判、口コミなどをご紹介いたしますので、他社と比較する際の参考にしていただければと思います。現金化屋さん

クレジットカード現金化業者「現金化屋さん」の特徴は?

現金化屋さんは2017年の4月頃に営業を開始したようです。老舗のほうが安心できるという方も多いでしょうが、新参のお店のほうが換金率の高いことが多いため、どちらが良いとか悪いとかはないと思います。

月平均120名が利用

現金化屋さんはオープンしてまだ2ヶ月あまりですが、すでに月平均120名ほどの利用者がいるそうです。老舗の優良店であればもっと多いのでしょうが、開店して1、2ヶ月でこの数値はすごいと思います。

これからもっと増えていくことが予想されますし、これだけ利用者の増加が速いというのは、現金化屋さんが優良業者であることを示していると見ることもできますね。

365日24時間対応

現金化屋さんは365日24時間対応となっています。銀行や消費者金融は、週末やお盆、年末年始には休業のことが多いですから、これは嬉しいですね。

しかし振込がなされても、その手続きが銀行のほうで完了しないことには、お金が口座に反映されませんので、意地悪い見方をすれば年中営業していようとあまり意味がないともいえます。

まあでもそれは仕方がないですよね。

最短10分で振込

現金化屋さんは最短10分で振込をしてくれます。平日の朝から昼にかけて現金化を申し込めば、その日のうちにまとまった金額を手に入れられるのです。

即日お金を受け取りたいと思うなら、銀行の営業日、営業時間に現金化を申し込むのがベストでしょう。

日本全国どの金融機関にも振込可能

これは特徴というより、カード現金化業界では当然のことなのですが、現金化屋さんは日本全国どの金融機関にも振込をしてくれます。要点を押さえていると言うことはできます。

現金化屋さんの換金率はどれくらい?

換金率は「業界一」

現金化屋さん 換金率
現金化屋さんの換金率は「業界一」となっています。公式ホームページの中央に換金率表が掲載されているのですが、そこに具体的なパーセンテージ(換金率)の記載はなく、「業界一」との表記があるだけです。

つまり現金化屋さんの換金率は非公開であると、こういうことですね。ではなぜ現金化屋さんは換金率を公表しないのでしょうか?

安易な換金率を表示しない

クレジットカード現金化業者の中には、換金率を80%、90%と表記しながら、実際は申請額の60~70%程度しか振り込まないところもあります。

換金率90%と聞いて10,000円分の現金化をお願いしたのに、振り込まれたのはなぜか6,000円。なぜこんなに安いのかと聞けば、消費税や手数料を差し引くとこの数値になるとの答えが返ってくる。こういうことはよくあります。

つまりそれらの会社が掲載している「換金率表」とは、手数料等の差し引き前の数値を並べた表のことであり、実質的な換金率はもっと低いというわけです。

現金化屋さんのホームページには、「弊社は、安易な換金率を表示することはしておりません」と書いてあります。これはおそらく、記載の換金率と実際の換金率が異なるようないい加減なことはしたくない、ということでしょう。

素晴らしい心掛けだなあと一瞬思いますが、でもよく考えてみれば、これはおかしいです。じゃああなたの会社の本当の換金率を記載すればいいだけでは?てな話です。

現金化屋さんは、お客さんが増えたのは換金率が高いからだと公式HP上で述べていますが、それほどの高換金率なのであれば、なぜそれを表記しないのでしょう。

実際の換金率を表記すれば、いざ申し込むと換金率が低かった、なんてことにもならないはずです。お客さんも今よりもっと増えるでしょう。でもそうしない……。何か裏がありそうだなーと思ってしまうのは私だけでしょうか。

まあ実際に他の会社よりも換金率が高ければいいわけで、ここだけを見て悪質業者と決めつけることはできませんが、怪しいという印象は拭えません。

現金化屋さんの評判やクチコミは?

現金化屋さんの口コミ
現金化屋さんはオープン間もない業者ですので、まだほとんど情報がありません。

2ちゃんねるもにスレッドは立っていませんでしたし、実際の利用者と思しき人のクチコミも見当たりませんでした。ですからこの業者の実態は謎に包まれているというほかないですね。

悪質業者だと断定しているサイトも

現金化屋さんを悪質業者だと断定しているサイトもあります。

その根拠は、やはり換金率を「業界一」と言いながら公表していないことと、Webサイトを海外(アメリカ)サーバーに設置していることです。これがサイト削除対策ではないかというんですね。

クレジットカードの現金化は、以前までは違法ではないがグレーとされていました。しかし2011年にキャッシュバック方式で現金化を行っていた業者が摘発され、有罪判決を受けたのです。

キャッシュバック方式の現金化とは、たとえば非常に安いものを5万円とか10万円で買ってもらい、その金額の何割かを「キャッシュバック」という形で顧客に振り込むことです。

それが法的にアウト(の可能性が高い)となったことで、警察庁は、現金化業者がサイトを置いているサーバーに対して「違法情報の送信防止措置依頼書」を送付するようになりました。

これを無視すると犯罪幇助となる可能性がありますので、サーバーは必ず対応しなければなりません。指摘のあった現金化業者に連絡を入れ、サイトを自主的に削除するよう求め、応じない場合は当該サイトを強制的に削除します。

現金化屋さんはその対策として海外サーバーにサイトを設置している、つまりキャッシュバック形式の現金化を行っているのではないか、という疑いがあるわけですね。

ただし、これについては、現金化屋さんの事業内容は「金券類の売買」「新品・中古の売買」となっていますから、判断の難しいところです。

客に買ってもらったものを中古品として改めて買い取る「中古品売買式のクレジットカード現金化」は今のところ違法とされておらず、もし現金化屋さんがこの方法で現金化をしているなら何ら問題はないのです。

その場合、海外サーバーにサイトを設置しているのは「たまたま」だったということになります。あるいは今後カード現金化業界への締め付けが強くなることを見越して、あえて海外サーバーを利用したのかもしれません。

いずれにせよ、海外サーバーを使用しているだけで悪質業者と決めつけるのは早計のように思われます。しかしなぜそうするのか、理由を説明するのも難しいところです。

換金率を「業界一」として公開していなかったり、なぜか海外サーバーを使用していたりと、少々怪しい部分が多いかなというのが私の正直な感想です。

現金化屋さんのまとめ

以上、現金化屋さんについてご紹介いたしました。まだオープンして間もない業者ですから、不明な部分も多く、優良業者とも悪質業者ともいえません。

もしここを利用するなら。実際の利用者の感想など、詳細な情報が出揃ってからのほうがいいのではないかと思います。

今のところ、絶対にここを利用すべきとおすすめすることはできないですね。
現金化屋さんまとめ

公開日: