「クレジット現金化 優良店.com」では、クレジットカードを現金化する方法から現金化の違法性まで、現金化に関する最新情報をお届け!現金化がはじめてで不安の方はココで解決!安心して換金できる優良店をランキングで紹介しています。

現金化の方法について

カード現金化は自分でできる!?せどりの具体的な方法や売買の仕方

更新日:

あなたは、不要になった衣類や本などを中古店に売却した事はありますか?買値と売値では相当な差額が発生してしまいますが、不要な物で少額でも手にする事が出来るのなら、それはそれで良いですよね。

この「売る」という思考を少し変えて、儲けちゃおうという記事を今回は紹介していきます。方法さえ理解できれば誰にでも実行できる事ですので、興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

トップページには、カード現金化を行う方法として「せどり」をご紹介しました。これについてもう少し詳しく見てみたいと思います。

せどりの大原則は、貴重な本を安値で買い入れて高値で売るということです。売却の方法はいろいろとあります。たとえばネット通販、古本屋、オークション、個人売買など多岐に渡り、ネットでもあまり見られない貴重な本は、値段が高くなります。

平均的な利率でいえば、おそらく個人売買が最も高いでしょうが、手持ちの本を買い取ってくれる知人友人は中々いないかもしれません。オークションには一攫千金の夢がありますが、その本の本来の価値に見合わない値段で落札される可能性もあります。また、古本屋には、その本の価値ではなく、「状態」で買取をしている店も多いので、貴重な本であっても買い叩かれる可能性があるんですね。

そのことを考えると、ネット通販で売るのが良いといえるでしょう。送料も客負担となることが多いので、損をする可能性は最も低いといえます。

ネット通販のメリットとデメリット


ネット通販で本を売るメリットは、自分の言い値で売ることができるということです。たとえば1万円で購入した本に12000円という値段をつけることもできるんですね。

ただしデメリットもいくつかあります。まずひとつは、ライバルが多いということです。たとえばあなたが12000円で出品したのと同じ本が、ある会社から8000円で販売されていた場合、基本的にはその安いほうから売れていくのが必定です。送料が無料とされている同じ商品もあります。その点を考慮して値段を設定しないといけません。

特に本を「価値」ではなく「状態」によって値段をつけて買い取りをする本屋は、その本の買値が非常に安いため、売値もまた低く設定することが可能です。状態の悪さから10円で買取をした本を1万円で売るということも、やろうと思えばできてしまうわけですね。先ほどの例でいえば、あなたが12000円で販売したのと同じ本が、ある会社から、状態の悪いことを理由に5000円くらいで販売されている、なんてこともあるわけです。

ですので、これは値段をつける以前に、その本を店で発見したときに、ネット上では大体どのくらいの値段で販売されているのかを調べ、把握し、自分はどのくらいの値段をつけるか、それで元を取れるのかといったことをしっかりと考えなくてはなりません。カード現金化を自分でする場合、このような手間がかかるのです。

また、本をどこに保管するかという問題もあります。アパートなどに暮らしていると、スペースの問題で、それほど本を抱え込めないという人もいるでしょう。1点だけ出品するというのでは、いつ購入者が現れるかわかりません。せどりをする場合はそれなりのラインナップが必要となります。しかしその本を保管するために、たとえば倉庫などを借りてしまうと、かえって収益がマイナスになってしまうとも考えられます。

せどりを始める前に、この問題をしっかりと考え、解決策を見つけておきましょう。

他の方法で売ることも考える


せどりによってカード現金化を行う際は、以上のように、ネット通販だけではどうしても心もとない部分があります。ですので、そればかりに固執するのではなく、他の方法で本を売却することも考えなくてはなりません。たとえば古本屋での売買です。これが一番簡単ですので、説明しておきましょう。

古本屋大手といえば、みなさんもご存知のあの会社ですけれども、ああいったチェーン店は「状態査定」が通常であります。つまりその本の価値ではなく、状態によって買値を決めるのです。最近は単行本などの場合バーコードを読み取っている姿が見られますが、文庫や洋書、児童書、その他雑誌、バーコードのない箱本などは状態査定となっているようです。

状態によって売値が決められるので、ああいった店では貴重な本を安く手に入れるチャンスがあるわけですが、しかし売るときには買い叩かれるというデメリットがあります。これだけ見ると、古本屋に売るとひどく損をするように思われますが、工夫すれば高換金率を達成することもできるのです。それが「高価買取」ですね。

高価買取というのは、たとえば人気の漫画や小説などを、状態ではなくその価値に照らして高値で買い取るというもの。通常の少年漫画の買値が、高くても1冊50円くらいだとしても、高価買取対象の漫画であれば、その値段が2倍、3倍、4倍にもなるのです。

しかもそれはすべての店舗で統一されているわけではありません。たとえば古本屋A店が漫画Aを1冊200円で買い取っていたとしましょう。しかしその漫画は、B店に行くと、高価買取の対象でもなんでもなく、状態ごとに100円や200円で販売されています。ここでは200円と考えますが、これをクレジットカードで10冊購入(2000円の買い物)し、そのままA店に持っていったとしましょう。

それが減点等されることなく1冊200円で売れれば、手元に2000円が残るわけですから、クレカの2000円の購入履歴を相殺することができます。いわばそのまま2000円を引き出したようなものですので、換金率は100%となるのです。こういったやり方を覚えれば、せどりで損をすることは更に少なくなるはずですよ。

-現金化の方法について

Copyright© クレジットカード現金化できる優良店まとめ2017 , 2017 All Rights Reserved.