「クレジット現金化 優良店.com」では、クレジットカードを現金化する方法から現金化の違法性まで、現金化に関する最新情報をお届け!現金化がはじめてで不安の方はココで解決!安心して換金できる優良店をランキングで紹介しています。

現金化の必要性について

借金より返済がキツい?クレジットカード現金化のデメリット

更新日:

クレジットカード現金化にはメリットもありますが、同時にデメリットもあります。

使い方を間違えると消費者金融から借金をするよりもさらに苦しい状況に追い込まれる可能性もあるのです。

「どんなデメリットがあるのかわからず、不安」
「現金化のリスクを知っておきたい」

そのような方も多いことでしょう。そこで当記事では、クレジットカード現金化のデメリット、リスクについて解説いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

クレジットカード現金化のデメリット

現金化 デメリット
クレジットカード現金化のデメリットは、利息その他の負担が大きくなるということです。これが最大のデメリットといってよいでしょう。

現金化を行う専門業者に依頼した場合、換金率は高くても80%程度となります。ですから、ショッピング枠1万円分の現金化を依頼すると、8000円しか振り込んでもらえないんですね。

しかしカードには1万円の使用履歴がつきますので、利息は1万円分きっちり取られます。最初に業者に手数料として幾らか取られ、そのうえ使用額に応じた利息を支払わなければならないのですから、普通に借金をするよりも利息その他の負担は大きいのです。

キャッシングでは1万円借りたいといえば1万円を借りられますし、利息はその1万円に掛けた数値となりますからね。

借金というと、良くないイメージがありますよね。返済が滞って怖いお兄さんが家に来るといったような。

今では闇金でも利用しないかぎりそんなことはありえないですが、あまり良いイメージを持たない人は多いと思います。しかし実は、クレジットカード現金化のほうが返済という面ではより「きつい」のです。

先ほどの例では1万円としましたが、現金化申請額が10万円だったらどうでしょう。最初に2万引かれて、そのうえで10万円分の利息を払っていかなければなりません。

額が大きくなれば、利息と手数料の負担はさらに大きくなります。つまりクレジットカード現金化は、今現在、キャッシング(借金)が可能な人は利用すべきではないサービスであると言えるのです。

業者の比較が非常に困難

続いて、第二に、クレジットカード現金化には、それを行う業者の比較が難しいというデメリットがあります。

各業者は、HPに換金率表なるものを掲載していますが、そこに記載の数値はあくまでも「最大値」です。したがってそれよりも低い換金率になることも多いわけですね。

これはすべての業者に共通するところでありますから、実質的な換金率は問い合わせてみないとわからず、より高い換金率の会社を見つけ出すのは非常に手間のかかる作業だと言えます。

A社よりもB社のほうが10%も換金率が高かった、なんてこともあるかもしれませんから、比較は絶対に必要ですが、すべての会社に電話するというのも無理がありますよね。

したがって数社に絞って問い合わせをすることになりますが、他の会社に相談すればよかったと後悔することになる可能性が一定以上あることは、頭に入れておかなければなりません。

現金化はカードの残高次第

第三に、クレジットカード現金化には、クレジットカードのショッピング枠に空きがなかったり、そもそも使用上限が低かったりすると、少しのお金しかもらえないというデメリットもあります。

10万円まで使用できるカードを持っていて、そのカードを現在5万円分使用している。すると残りの5万円分を現金化することができますが、換金率80%の場合、受け取れる金額は4万円です。

もっと大きな金額を受け取りたいのであれば、もっと使用可能枠の大きなカードを持っていなければなりません。

最後に、クレジットカード現金化業者には、悪質なところも少なくないということ。これもデメリットとして覚えておいたほうがよいでしょう。

悪質業者では換金率が15%なんてこともありますから、利用規約等は必読です。

-現金化の必要性について

Copyright© クレジットカード現金化できる優良店まとめ2017 , 2017 All Rights Reserved.